.... 特定非営利活動法人 ********** 
ラオス国薪炭林造成協会
NPO Association OF FORESTRY PROMOTION  
FOR  FiIREWOOD & Charcoal, in LAO PDR  

会員募集


活動内容2018.6更新 
 ラオスの風 2018.6更新 
   
今年も200名を超える小学
生が参加してくれました。
90haの敷地の正面の塀に鯉のぼ
りを掛けました。(白い塀の向こ
うが植林地区です)

植樹をしていただいた主な人々
の名札を苗木の横に立てました



2018.6 撮影 

  ラオスはインドシナ半島の中央に位置する内陸国である。中国、ミャンマーと国境を接
 する北部およびベトナムと国境を接する中南部の東側は標高1,000
〜2,000mの山岳
 地帯で、国土面積23.7万`平米の80%をしめる。国
内を1,900kmにわたって
 縦断する大河メコンは、西側でタイ、南側でカ
ンボジアと国境をなし、平野部はこのメコ
 ン流域とその支流域に限られる。
  全国土が熱帯モンスーン気候に属し、4月から10月までの雨季と11月〜3月の乾季
 に分かれ、年間降雨量は1,400〜2,000mmで、平均気温は25
度〜28度と温暖な
 気候である.

  森林(樹冠密度20%以上)はかって、1970年代には国土の70%を覆っ
ていたが、
 人口増加やベトナム戦争による国内難民の発生に伴う急激な焼き畑
移動による森林の劣化
 や減少が続き、1992年時点では国土の47%にあた
る1117万fまで減少した。そ
 の後も森林の減少は続いており、2002年
時点で森林比率41.5%、森林面積983
 万fと、10年間で130万fの
森林が減少している。
  森林資源の保護・保全は現政府の主要な課題の一つとな
っており、天然林の伐採制限と、
 潜在森林・林地への植林事業促進などの諸政
策が打ち出されてきている。とくに2002年
 8月から天然林を保護・保全
するために、天然林から伐採された原木を使用した林産物は
 家具などの最終製
品を除いて輸出を禁止されたことは注目に値する.






■ 個人情報の取り扱い
当協会は、個人情報保護法に従い、個人情報を取り扱います。